ワキガ アルコール

ワキガ臭はアルコール消毒で軽減できる?その理由と使用方法とは!?

あなたはワキガ臭がアルコール消毒で軽減できるという話を聞いた事がありますか?アルコール消毒と言えば、食事する前に手を清潔にしたり調理台の消毒を行うアイテムとして多くの方が利用していますね。

 

そんなアルコールがどうしてワキガ臭に効果的なのでしょう?今回は、アルコール消毒がワキガ臭の軽減に有効な理由と使用方法をご紹介していきます。又、アルコール以外のワキガ臭軽減アイテムも記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね。

 

どうしてアルコール消毒でワキガ臭を軽減できるの?

 

ワキガ臭というのは、脇にあるアポクリン汗腺から出た汗が皮膚に住む常在菌によって分解される事で発生します。それはつまり、汗自体に問題があるのではなく脇の細菌に問題があるという事ですよね。そこでアルコールの登場です!

 

アルコール消毒で脇の常在菌を殺菌し、アポクリン汗腺からの汗を分解させなければ良いのです。これがアルコール消毒でワキガ臭を抑える事ができる理由です。脇の消毒にはハンド用のアルコール液や、アルコール濃度の高いウエットティッシュを活用しましょう。

 

脇の細菌が繁殖しないように清潔な状態を保ち、ワキガ臭を軽減していきましょうね。

 

アルコール消毒でワキガ臭を抑えたい!アルコールの使用方法を教えて!!

 

アルコール消毒の方法は簡単です。ハンド用のアルコール液を脇に塗ったり、アルコール濃度が高めのウエットティッシュで脇を拭くだけで効果を得られます。これらを活用し、脇の常在菌が繁殖しない環境を整えましょう。

 

しかし、アルコール消毒にはデメリットがある事も事実です!アルコールは脇の菌に対して有効ですが、効果の持続時間は3~4時間程しかありません。つまり3~4時間が経過すると、再度アルコール消毒を行わないといけないのです。

 

又、そんな頻繁にアルコールを使っていると肌荒れが生じてしまいます。これはアルコールが蒸発する際に、肌の水分まで奪ってしまう為です。肌の状態が悪化すると、赤くなる・乾燥が酷い等の症状が表れますので要注意ですよ。

 

さらに、肌は傷付くとメラニン色素を生成します。この影響で、脇に黒ずみが生じる可能性も高いです。これらのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、アルコールを利用して下さいね。

 

アルコール以外でワキガ臭を抑えるアイテムって??

 

アルコールにはワキガ臭を抑えるメリットがありますが、脇の皮膚にダメージを与えてしまうというデメリットもあります。その為、アルコールを使いたくないというあなたに、ここではアルコール以外でワキガ臭を抑えるアイテムをご紹介しますね。

 

私がオススメするのが、ワキガ専用のデオドランドクリームやジェルです。ワキガ専用ですので、ワキガの発生原因等に基づいて作られています。よって、効果が高く持続時間も長いのです。

 

さらに、脇の皮膚を傷付けないように保湿成分等も配合されていますので、美容面で考えてもアルコールより優れています。値段はアルコールより高いですが、試す価値はあるでしょう。「ラポマイン」や「クリアンテ」等のデオドランド剤がオススメですよ!

 

これらのデオドランド剤を利用しながら生活習慣・食生活の改善を行い、体の内側と外側からワキガ臭を軽減していきましょう!

 

アルコール消毒を上手に利用してワキガ臭を抑えましょう!

 

今回は、アルコール消毒の利用でワキガ臭が軽減できる理由をご紹介してきましたがご参考になりましたか?アルコールを使ってワキガ臭を抑える方法には、メリットもデメリットも存在します。よって、これらをしっかり理解した上でアルコールを利用しましょうね。

 

又、ワキガ臭を軽減するには生活習慣の改善や食生活の改善にも見直しが必要です。もしあなたの生活が荒れているのなら、今日からでもきちんと改善していきましょう。ワキガ臭対策をしっかり行い、あなたのお悩みを解消していきましょうね!