ワキガ 遺伝

ワキガは遺伝するって本当?ワキガの遺伝説を徹底解明します!!

「ワキガの原因は遺伝である」「ワキガの原因ははっきり解明されていない」この様な情報が飛び交っていますが、実際はどうなのでしょうか?

 

今回は、ワキガの遺伝について詳しくご紹介していきますね。あなたがワキガの遺伝を心配しているなら、ぜひ最後までご覧下さい。

 

ワキガは遺伝するの?遺伝説が浮上する理由とは!?

 

結論から言いますと、ワキガは遺伝します!ワキガの原因は、脇に集中して存在するアポクリン汗腺が関係しています。アポクリン汗腺から分泌される汗は、それ自体に臭いはありません。

 

しかし、アポクリン汗腺から出る汗を脇に住む細菌が分解した際に、ワキガ独特の臭いが生じるのです。このアポクリン汗腺の数は生まれつき決まっており、ワキガの人は数が多い・発達している為、人より体臭がきつくなるのです。

 

又、ワキガで悩んでいる人の家庭には、両親・兄弟姉妹・親戚にもワキガ体質の人が多いのです。片親がワキガの場合は50%、両親がワキガの場合は80%の確率で子供に遺伝します。よって、ワキガは高確率で遺伝すると言って良いでしょう。

 

ワキガが遺伝しているかもしれない!?何歳頃にワキガの症状が表れるの?

 

ワキガの原因となるアポクリン汗腺が成長するのは、子供から大人の体になる第二次性徴の時期です。つまり、思春期以降に表れるケースが多いという事です。もし、この年齢の時にワキガ臭を感じるなら、ワキガ体質である可能性が高いです。

 

逆に言うと、この時期を過ぎ成人してもワキガ臭を全く感じないなら、遺伝によるワキガの心配はないと考えて良いでしょう。もし、20代を超えて急激にワキガ臭が酷くなったのなら、遺伝ではなく生活習慣の悪化・ストレス等が原因の可能性が高いです。

 

遺伝の場合はしっかりワキガ治療を行う事しかできません。しかし、生活習慣等が原因の場合は、その要因を排除する事でワキガ臭を軽減させる事が可能です。「ワキガ臭が酷い・・・」と落ち込まず、生活を見直して改善していきましょうね

 

遺伝性のワキガには負けない!きちんと対処し改善の道へ

 

今回は、ワキガの遺伝についてご紹介してきましたがご参考になりましたか?ワキガは遺伝しますので、ご両親・片親・兄弟姉妹等の家族がワキガの場合、あなたもワキガの可能性が高いです。しかし、そこで落ち込んでしまってはいけません!

 

ワキガは治療を行う事ができるからです。ワキガ臭が気になって仕方ないという方は、皮膚科や美容外科を受診してみましょう。又、軽度のワキガなら薬やデオドランド剤で臭いを抑える事もできます。

 

きちんとご自身の悩みと向き合い、改善を目指しましょうね!